2015年9月6日日曜日

vm(parallels)上のwindows7をダウンロードしたISOでwindows10にバージョンアップしてみた

以前書いたInsider Programは結局何をやっても同じエラーとなり使い物にならずWindows10の正式版を迎えてしまった。

今回は、使っていたvm(parallels)上のWindows7 ProfessionalをWindows10にバージョンアップした作業のログ。

母艦はMacBook ProのOS X Yosemite(10.10.5)

 今回は「http://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO」からISOをダウンロードしておいたのでこれからバージョンアップしてみた。

ちなみにparallelsだけど、11にバージョンアップしておいた。アップグレード版だと5300円だった(現在)。


以前10を購入したがいまはやっぱり上記のUSB版(Parallels Desktop 11 for Mac Retail Box USB JP)がいいよね。
アップグレード後、バージョンを確認。


バージョンアップ対象のWindows7 Professionalを起動し、 ダウンロードしたISOをマウントする。Parallelsの「デバイス」メニューから「CD/DVD1」の「イメージの接続」を選択してダウンロードしておいたISOを選択する。

すると、以下のようにsetup.exeを見つけてくれるのでクリック。

バージョンアップの始まり始まり。デフォルトのまま「次へ」をクリック。

ちょっと待つ。

「同意する」をクリック。

またちょっと待つ。

「インストール」をクリック。

インストール開始。

2度くらいリブートしたかな。合計30分は待ったと思う。

「 次へ」をクリック。

「簡単設定を使う」をクリック。

内容を確認し「次へ」をクリック。

やっと最後となった模様。

Windows10起動後、自動でParallels Toolsがインストールされる。ちょうどこの前までマウスの挙動がParallels Toolsインストール前のようにホストとvm間がスムーズに移動しない状態になっていたのだ。これでマウスの挙動も元に戻るはず。

Parallels Toolsインストール中の画面。

「再起動」をクリック。

これでWindows10へバージョンアップが完了。vmに割り当てているメモリは2GBだけどそんなに遅くない。

parallelsに入れていたvmの名称は「Windows 7 Professional」でこれは自分で変更する必要あり(当たり前)。で設定ボタン(歯車のアイコン)をクリック。

「一般」タブの「名前」を変更する。

他に作業もやっていたのでMacBook自体がスリープしたこともあってか、大体1時間30分ぐらいで作業終了。特に問題も起きず。

0 件のコメント:

コメントを投稿