2011年12月4日日曜日

DVDから音声を取り出しiTunes(iPod)へ

お気に入りのDVDの音声だけをiPodで楽しみたい場合の方法。
 
注意:作ったファイルは個人のみで楽しむこと。でないと法律違反のはず。

基本的には、http://zr1.blog66.fc2.com/blog-entry-1.html と一緒で、
  • DVD Decrypter
  • foobar2000
  • Alcohol 52%
を使用する。

1. DVD Decrypterを使って音声のみを取り出す。


上記URLのとおり、mode:IFOで、audioだけをenable stream processingでdemuxで取り出す(日本語化してない場合はこちらも参照)。ライブDVDなどはすべてのchapterを選択して、cellごとに分割することでうまくいくはず。


2. foobar2000でwav変換とマルチトラック化。


マルチトラックは下記の仮想ドライブの際に行うため、CDに焼く場合はそのままwav変換したほうがよさげ。

変換したwavを全部ドラッグする。一曲分ダブルクリックすると再生されるので確認する。停止は停止ボタン。


全選択して右クリックで[convert]->[convert, もしくは ...]を選択。


foobar2000のバージョンが新しいとConverter SetupのUIが違っている。最初に[Output format]からクリックする。


Output format内にて、"WAV"を選択して、[Ouput bit depth]は"16-bit"に設定。


Desinationでは[Generate multi-track files]を選択することでマルチトラックファイル(仮想CDドライブ用に1ファイル)に変換される。CDに焼く場合にはデフォルトの[Convert each track to an individual file](トラックこと別々のファイル)のままでいいのかも。


Processingでは[Available DSPs]中の"Resampler(PPHS)"を選択して[Active DSPs]にコピー(←をクリック)する。


念のためこの設定を[Save<<]しておくといつでも使えるみたい。デフォルトでは最終状態が残っているようなので大丈夫そうだが。

これで、[Convert]をクリックすることでフォルダ選択画面が出てくるのであらかじめ作成したフォルダを指定し、ファイル名を"wav.wav"を指定することで変換される。しばらくすると、*.wavと*.cueというファイルが指定フォルダ配下に作成されるはず。

3. Alcohol52%で仮想CDドライブ化。


Alcohol52%を起動する。



[ファイル]->[イメージの追加]で作成した*.cueを選択するとリストに表示される。


リストに表示された*.wavを右クリックして[ドライブのマウント]をすることで仮想CDドライブとしてマウントされる。つまり、CDドライブにCDをセットした状態になる。


4. iTunesでの取り込み


仮想CDドライブがマウントされると、PCの設定状態によっては、上記ダイアログが表示されるのでiTunesを起動してインポート画面を表示する。


iTunesはmedia databaseに接続して曲情報を取得しようするが当然そんなCDがないわけで、名前はトラックNNとなり、アーティスト、アルバム、ジャンルは空白となる。
名前はそれぞれを右クリックして[プロパティ]にて曲名を設定する。アーティスト、アルバム、ジャンルについては、全ファイル選択し、右クリックの[プロパティ]にてそれぞれを設定する。
その後[CDをインポート]することで通常のCDと同様にインポートされる。

5. 仮想CDドライブの後始末。


Alcohol 52%画面で後始末する。


リスト中のファイルを右クリックして[イメージをアンマウント]する。


その後同様に、リスト中のファイルを右クリックして[イメージリストから削除]する。


[はい]をクリックすることでリスト中から削除される。その後実際のファイルを削除しておいて作業終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿