2017年12月17日日曜日

iPhone機種変更時にバージョンアップはするな(2ファクタ認証も気をつけて)

2年前、iPhoneを機種変する際にバックアップから復元できなくってハマりまくった件にも書いていたが、またやってしまってハマったので再度書いておく。

機種変時の注意事項を改めて列挙。

  • バックアップを取る場合、現在の機種はバージョンアップ通知が来てもバージョンアップしないこと。これは新しい機種が郵送された場合、その機種は当たり前だが最新のバージョンになっていないから、復元するときに新しい機種の方が古いということになり復元できないから。
  • 2ファクタ認証している場合は、自分の電話番号のSMSのみを登録してはいけない(信頼できる誰かのSMSを登録する(そんな人いればいいけど))。AppleIDとパスワードを入力後、2ファクタ認証用の番号を同じAppleIDを使用しているiOSまたはmacOSに送信する。それがない場合は登録しているSMSに番号を送信するのだが、初期設定中の自身のiPhoneに送られても内容を見れない。
  • 自分ちのWiFiルータでMacアドレスフィルタリングしている場合、iPhoneのMacアドレスは設定からしか見えないためWiFiの設定ではなく、「iTunesに接続」もしくは「モバイルデータ通信」を選ぶこと。
 今回は本体よりも強度9HのPGA Premium Style GLASS Screen Protectorという保護シールを買ってみたがこれが結構お気に入り。さすがは旭硝子製。



ケースはレイ・アウトのやつ。シンプルでいいです。


下取りを考えている場合、最近の下取りは(というか当たり前だが)きっちり見るようなので保護シール、ケースは必須。

0 件のコメント:

コメントを投稿